え?いまの震度2なの?
小さな地震で大きく揺れる我が家

私は東京都在住で、住まいは築36年

このページは、実際にリフォームすることになったきっかけや、リフォームで家が生まれ変わる過程を綴った私のブログの一部を抜粋したものです。

都内は本当に地震が多くなりましたよね。震災があってから地震には過敏に反応してしまいます。

地震がくると旦那と「いまのは震度5以上だったね」とふとニュースを見ると東京都は震度2だったことがよくあります。

住まいが地震で崩壊する恐怖を逃れたい。老後に備えて快適な暮らしがしたい。家族や友人知人にも喜んで貰える家にしたい。

そんなことがリフォームのきっかけでした。

 

リフォームの知識不足で日々挫折

定期的にメンテナンスを工務店に依頼してきたものの地震がくる度、年々揺れが大きくなってる気が・・・。毎日が不安で二階の寝室の床も少し傾いてきていました。

その頃、

夫婦で建て替えかリフォームか決まらない、無知で上手く情報収集ができなかったり。いい会社がどこかわからない日々が続き、この地震問題やリフォームをどう解決すれば
よいか結局わからなくなってしまいました。

インターネットで調べても結局いいことしか書かれてなかったり、ライバル会社同士が妬み会う口コミ評価ばかり。さらに夫婦間で意見が割れてリフォームは先延ばしにしていました。

 

旦那が何を言おうとも…
リフォームは絶対にしたい!

まずは気持ちから!ということで、都内の展示会のイベントやセミナーに参加していました。

パナホーム・積和建設・三井不動産・住友不動産・住友林業・ミサワホーム・大和ハウスや地元密着の工務店など、まずは下調べしないと何もわからない!ということで色々なハウスメーカーや工務店に足を運んでいました。

 

半年が過ぎたとき、
知人がリフォーム完成見学会を実施

知人の家を見せてもらい、凄く理想的だったので、
そのリフォーム会社のイベントに参加しました。

その時、

まるで子どもが一人増えた?と思えるくらい、聞き上手で会話のし易いいい担当者と出会い、早速リフォーム前に家の耐震診断を依頼しました。

 

耐震診断結果・・・

建物調査が終わって1週間ほどすると、リフォーム会社から連絡がありました。

担当者からは、

1・耐震壁が少ない
2・耐震壁の配置バランスが悪い
3・重たい屋根瓦が原因で「耐震性が低い」
と診断されました。

幸いなことにシロアリの被害や基礎の劣化はないようで少し安心しました。

そして、もう一つの感想は「担当者が丁寧で、報告書がしっかりしている。」とても信頼できる内容でしたし、私たちだけでは絶対にわからない細かい部分まで丁寧に記載されていました。

何より業界ナンバーワンだけあって実績と信頼は豊富な会社だったので、このままリフォームをお願いすることにしました。

せっかく費用をかけて低金利でローンを組むなら「他の気になっていたとこも、この際に直そう。」「ローンなら数百万プラスになっても月々なら数万だからね」と、意見が分かれ喧嘩をしていた・・・「まさかの旦那が乗り気に」なってきました。

節目ごとに家族が集まる和室も綺麗にしたい、段差が多いので老後のためにバリアフリーにしようと、安全性だけでなく快適性もデザイン性も高まればいいなという旦那の思いと私の思いが一致したのでフルリフォームを決意。

一緒に住まいを再生してくれるのは担当者と女性建築士さん。お二人とも、物腰が柔らかく、とても聞き上手。非常に好感が持てました。

最初は耐震補強だけだと思っていたリフォームが何年ぶりか、、すごくワクワクする気持ちに変わっていったのを今でも覚えています。

 

耐震補強

耐震工事の様子

耐震補強はなんと20箇所以上だったとか。同時に防湿・防蟻処理もしてくださって暮らしの安心感でました。

 

和室のリフォームと旦那との時間を大切に

南側にある1階の和室は、庭を眺めるお気に入りの場所。旦那との時間を増やす場所もつくっていただけました。

1日で一番多く時間を過ごしているのが和室。

お正月やお盆には家族がとても賑わう空間は私にとって「最も想い入れのある場所」です。お仏壇もある大事なお部屋なので、できるだけ面影を残しながら綺麗にしたいと思っていました。

担当の女性建築士さんは和室に広縁を提案してくれて、窓には障子の変わりにすだれ調のロールスクリーンをつくてくれました。

すると、、スクリーンを上げると?

お部屋いっぱいに自然の光が!

これから和室でのんびりとお茶を飲みながらくつろぐ時間がとても贅沢に感じました。もうひとつは、旦那と私は映画が大好き。私たちだけでは考えられなかった、いまでは自宅が映画館のようです。

 

バリアフリー

将来に備えて利便性も考えました

リフォームしたおかげで室内の移動距離が少なくなり、スムーズに部屋を行き来することができるようになりました。

特にキッチンへの導線がスムーズで家事全般がとっても楽です。引き戸をたくさんつくって貰ったので出入りが楽になった上に手すりも用意していただけました。

 

完成お披露目会

そうですね・・・あの日。知人の完成見学会へ足を運んだときのことを思い出しました。

あの日をきっかけに私たち夫婦は、女性担当者と女性建築士さんに出会えました。リフォーム会社を選んだというよりも、きめ細やかな提案とこの二人の温かさに触れ合えたことに感謝しています。

耐震性や快適性があり、とても安心です。
おかげさまで和室も見違えるようになり、
これから毎日お庭を眺める時間が楽しみです。

 

追伸

リフォームは家の改修と思われがちですが、暮らしや気持ちまで豊かにしてくれました。私たちが選んだリフォーム会社は住友不動産の「新築そっくりさん」

これを読んでくれたあなたも是非、まずはお気軽な資料請求からリフォームの第一歩を踏み出してくれたら嬉しく思います。その後、イベントや完成見学会にも足を運ばれるときっとあなたも良い担当者さんに出会えと思いますよ。

女性担当者さんと女性建築士さんには、
本当に感謝しています。

ありがとうございました。

 

資料請求される方はこちらからどうぞ。